上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前にも一度書きましたが、
指番号で弾く、ということが、どうも初心者、
特に大人で初めてピアノを習う人にとっては
結構難しいことのようです。

ものごころつく前からピアノを弾いてきたわたしには、
そのご意見は、むしろ新鮮な驚きでした。
なぜなら、わたしは、音名、ドレミを見ることはもちろんなのですが
指番号のほうで認識して弾くことも多いからです。

でも、成人してから初めてピアノを弾く場合、
ようやくドレミ、それも、ト音記号とヘ音記号のドレミの位置を
覚えてきたばかりだというのに、
さらに、それに加えて指番号も覚えなければいけない、
この気持ちが、困難さを感じる要因のようです。

それにはやはり、何度も曲を弾き、ピアノを叩いて、
目と、脳と、指つまり体で、自分に覚え込ませるしかないようです
とにかく親指から1、この感覚ですね。

ただ、最初のころ、ドの音が1になることが多いことから、
ドを1、と覚えてしまうと危険
だって、曲が進むにつれ、ドを3で弾いたり5で弾いたりするようになります。
そうすると、本当にアタマのなかがごちゃごちゃになってしまいますよね

まあ、ローマは一日にして成らず
ピアノ道も、一日でサッと弾けるようにはなかなかなりません。
また逆に、それゆえの楽しみもあるはず。
何日も時間をかけて、一生懸命レッスンして覚えた曲は、
どんなに小さな練習曲であっても、
あなたの大切なレパートリー

指番号と音名が、あなたのこころと指に
小さな可愛い花を咲かせます
それを信じて、ピアノ初心者のみなさん、
明日もエッチラオッチラ、ピアノのレッスンを楽しみましょう。

☆猫ブログは下記をどうぞ☆


      寝てる猫HOMEなな猫ほーむ
スポンサーサイト


2015
08/24

猫とピアノ


久しぶりに、猫たちの話題です。
猫が応援してくれるピアノ教室、がキャッチフレーズの当方ですが、
もちろん、いつもいつも応援してくれるわけではなくて(^_^;)

   KC4F0072_20150824195457a60.jpg
        美人ひかりです。

こんな風に、ピアノの上で、ただダラッとしてるだけのことも。
うちは、風太という子がビビりのあまりスプレー癖があるので
ピアノの上に、そうそう物を置けません。
まあ、今は、ちょっとしたオブジェ風にして
メトロノームやピアノ関係の本なんかおいているのですが、
これも、いつやられるかとひやひやしています(-_-;)

もちろん、ピアノを守らなければならないので、
ピアノの上には板を置いています。
その板が結構広いので、このひかりのように、
みんなわりと、好きでピアノの上でくつろいでいます。

    KC4F0068_20150824195456f84.jpg
      鍵盤の蓋の上には、みるく。

ピアノの右下に小さな箱があるの、
気づかれました?

    KC4F0076_20150824195455343.jpg

これ。
ちっちゃ!
ここに誰か入ってますよ(笑)

    KC4F0067.jpg

    KC4F0066.jpg

これ、よくご紹介する、かおるでした!

    KC4F0077.jpg
       右にいるのは、テトくん。

この小さい箱も、結局中にオシッコされて(たぶん風太)
程なくして捨ててしまいました。
うちの物の耐久時間は少ないです(-_-;)

そして、ピアノの生徒さん応援係ですが、

     葉太/ピアノ
     珍しく、白黒の葉太でした!

    KC4F0086_20150824200340de8.jpg
     「お姉さん、じょうすだなあ」

    KC4F0087_20150824200341b25.jpg
     「よく、指があんなに動くね」(笑)

    KC4F0088_20150824200343ce8.jpg
     「ぼくもピアノ習おうかなー

ピアノ教室を再開した当初、
もともとお客様好きのかおるやテト以外は、
そんなに出てこなかったのですが、
最近、生徒さんたちのお顔を覚えたのか、慣れたのか、
少しずつ、出てこなかった猫たちが出てくるようになりました。
出てくると、こんなふうにお隣に座って応援
ただでさえドキドキする生徒さんたちを励ましてくれています。

    ☆猫ブログは下記をどうぞ★

      寝てる猫HOMEなな猫ほーむ


ゆるゆる始めた、このピアノのブログですが、
今日見てみましたら、
カウンターがはじめて1000アクセスを超えました
見に来てくださるみなさま、
本当にありがとうございます

つたないものですが、これからもつれづれに、
ピアノ周辺のことなど書いていきたいと思います。

ピアノ周りの猫たちからも、感謝のにゃ~~=^_^=

    KC4F0076.jpg
     って、どこにいるんだ!?
     ピアノの右下の箱のなかに、かおるが(^_^;)

   KC4F0068.jpg
     ピアノの鍵盤蓋の上に、みるくです。

     KC4F0072.jpg
     ピアノの上にいるのは、美人キジトラのひかりです。

皆様、ありがとうございました!

 ☆猫ブログは下記をどうぞ☆


      寝てる猫HOMEなな猫ほーむ


早いもので、人生50年、半世紀をだいぶ越えました
わたしはもう、恥ずかしながら、いわゆるアラカンという年回りなのですが、
40歳でもなく、50歳でもない、
なぜ、「55歳を超えてピアノを弾く」なのかと

それはですね、これはあくまでもわたしの感じ、経験からですが、
40でも50でもなく、明らかに55歳を超えるくらいから、
ピアノの弾き方、というより、弾け方、
楽譜の覚え方が、パタッと変わってきたのですね。

いまは、40歳なんかまだまだ若いですよね。
わたしでも、十分10歳はサバ読めたんですよ(笑)
50になっても結構皆さんお若いし、
あまり脳みそ・思考力や判断力、もの覚え、
悪くないですよね。

ところが、55を越えるあたりから、
いえば坂道を転げ落ちるように(>_<)
どんどん物覚えが悪くなっています
判断力も鈍いです。
だから、車の運転技能なんかも、だんだん衰えていくんだと思います。

じゃあピアノはどうかといいますと、
これが、本当にダメなんですね(^_^;)
もちろん、プロのピアニストとか、
ステージに立っているピアノ教師なんかは
それまでの鍛え方も違いますから、
同様に言うことはできないと思いますが、
ここでいうのは、成人でピアノを習っている方々のこと。

いまわたし、ショパンのエチュードで、
いわゆる「別れの曲」を、以前いったん習い終えていたものを
もう一度弾き込んでいるのですが、
どうもダメなんです(-_-;)

たぶん、もう本当は、ちゃんと覚え込んでいると思うんです。
でも、いざ弾いてみると、
最初のうちはいいのですが、
れいの、中間部、6度の和音の連続クライマックス
ここが、弾けたり弾けなかったり。
暗譜でやっているのですが、
ためしに目をつぶってやってみると出来たり
じゃあ、と目を開けてやると、つまづく

一度つまづくと、そこからそのまま続けられず、
またはじめのほうから。

最初のころ、楽譜とくびっぴきで練習していたとき、
音を一音一音見るというよりは、
高くなったり低くなったり、また♯がどこにつくか、
そういうところで見て覚えました。
それが今になって、ドレミを完璧に覚えてないことに(-_-;)

それに、なんだかやればやるほど弾けなくなったり。
翌日は出来たり。
こういうの、若いころはなかったし、
40のころも、50くらいでも、
まだなかったような?

とっても苦労なのですが、
でも、、以前は感じたことのなかった、
弾いていて「気持ちよさ」、
ちょっと壁を突き抜けた感じ、
おおげさですが、ちょっと天に上るような
これを体験できていることもたしかです。

老化には、なかなかあらがえない
でも、ピアノ教室を再開することになって、
それまでちょっとなおざりだったピアノの自分練習も再開し、
老化一直線に突っ走りかけていたわたしのアタマに
明らかに、一本クサビが撃ち込まれたのも実感しています(^_^;)

脳と手を使うのは、認知症予防に良い。
よくいわれていることですが、
自分で、実感しています(笑)

それに、若いころに出せていなかった、
出そうとも思っていなかった、
曲の雰囲気、イメージ、味、みたいなものも
「老い」を感じ始めた今だからこそ
滲み出せるようになっていればいいなと思います。

今日の日記は、いまわたしが一番感じていることなので
ちょっと長くなりましたが、
年を経て、ピアノを始めた皆さんにも、
ぜひ希望を持っていただきたいと思います。

おかげさまで、当ピアノ教室も、
ボツボツと入会・体験レッスンのお申込みが舞い込むようになりました。
自宅が不特定多数に知られるのが怖い
という、ヘタレなピアノ教室のため、
募集はまったくのネット上のみ。
それなのに、数ある教室の中から、
あえて当方を探してくださる皆様に、
こころから感謝申し上げたいと思います

その上で、一つお願いなのですが、
ご応募の際、お名前はもちろんですが、
メールアドレスをはっきりご記載いただきたいと思います。

実は、今回二度目なのですが、
ご応募に返信のメールをお出ししたところ、
何度送信しても、まったくお返事をいただけませんでした。
今回の方はgmailの方ですが、
gmailって、グーグルのメールなんですって?
そして、ちょっと調べたのですが、gmailはセキュリテイ上から、
こちらを迷惑メールと認証する率が高く、
勝手にそう読んでこちらからのメールを削除、
或いは届かないようにする、となるようです。
グーグルだけでなく、中間業者が二重三重に入るようです。

ここのFC2のサイトのメール箱を借りているため、
うっかり、来たメールにそのまま「返信」にして送信してしまったのですが、
そういうのだと、迷惑メールとされる場合が多いようです。
気が付いて、改めて新メールで送信もしたのですが、
いまだにお返事をいただけません。

以前も同様になりましたが、その方は別のサーバーでしたけれど、
とにかく、お返事がいただけなくなるというのは
当方としては一番当惑します

ご相談の結果お断りになるとしても、
とりあえずメールのお話合いはさせていただきたいし、
レッスンを希望していると熱心な口調でお申込みいただきますと、
わたしとしてはとても嬉しいことですので、
もうすっかり、体験に来てくださると思い込んで、
当方の住所もお知らせすることになります。

それでお返事が来なくなりますと、
あらぬことも心配してしまうわけです(>_<)
同様のことが、男性の応募者で二回ありましたので、
ただでさえ、男性の生徒さんをお迎えするのは
ちょっと勇気といいますか、
オバチャン先生でも用意が要るんですよ(^_^;)

今回ご応募いただきましたI様、
もしこれを読まれましたら、ぜひ下記まで再度ご連絡ください。
  メールはこちらへ

これは決してI様を責めているわけではなく、
実際グーグルのほうの認証の問題かもしれませんので、
ご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします<(_ _)>

また、新たにご応募になる場合、
大体いま多くの方がスマホで送信されてて、
携帯でもPCでも見られるgmailでされる方が多いと思うのですが、
出来ましたら、直接の携帯等のアドレスを
記載していただけるとありがたいです。
せっかくのご応募ですので、大切にお預かりしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

うちの生徒さん応援係のかおるからもお願いです!

   kaoru


☆猫ブログは下記をどうぞ☆


      寝てる猫HOMEなな猫ほーむ



                                              

   ☆励みになります(^o^)ランキングにポチッとお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ

プロフィール

ろーずまりー@なな猫

Author:ろーずまりー@なな猫
はじめまして。
ローズマリーキャット・
  ピアノ教室のHPです。
超初心者の大人の方対象。
指一本から、楽譜の読み方から、
優しくご指導いたします。
いつか、憧れのショパンや
モーツァルトを弾けるように、
ご一緒に楽しく練習しましょう。

当方、猫の保護活動もしており、
猫の好きな方、歓迎!
というより、猫が嫌いな方や
猫アレルギーの方は
申し訳ありませんが
お請けできません。
教室を始めてみると、
ひとなつこい猫たちが
思った以上にレッスン中の
生徒さんにアピールします(^_^;)
これを嬉しいと思える方でないと、
当方ではご無理だと思いますので
そこのところ、ご理解のほど
よろしくお願いいたします!

メールフォーム              ☆お問合せはこちらに

★お問い合わせをいただきます場合、
 当方からはyahoo.co.jpの
 アドレスで
 返信させていただきますので、
 ヤフーメールを受信可能に
 設定してください。
 当方から返信がない場合
 申し訳ありませんが
 再度こちらのコメント覧に
 ご連絡くださるよう
 よろしくお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

レッスン料・時間等について

レッスンはチケット制と
 月謝制の2種あります。

★男性の生徒さん受付は終了しました★
★音大受験指導は受け付けておりません★
◎チケット制
 (毎回お支払いただきます)

  60分レッスン
    1回 1,800円
  90分レッスン
    1回 2,500円
 
◎月謝制(月始め前払)

  60分レッスン
    月4回 7,000円
    月2回 3,500円
  90分レッスン
    月4回 9,000円
    月2回 5,000円

 ☆5週目はお休みになります。
 ☆振替レッスンは、
   その月中なら何回でも可。
 ☆募集曜日は、月~金の平日のみ
  お仕事のご都合などで、
  ときどきは土日レッスンも
  可能ですが、
  原則平日のみ希望の方で
  お願いいたします。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。