上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノの楽譜に、指番号が振ってありますね。
あれがどうしても、あの通りに弾けず、
つい気づいたら、自分勝手に弾いてしまっている、
というピアノ初心者の方、おられるでしょうか。

指番号というのは、弾いていて、あとで困らないように
あらかじめご丁寧に振っていてくれる、
いわば指の指南番、道しるべのようなもの

あの指番号がまったく振られてない楽譜、
実は結構、大変ですよ

でも、絶対にあの通り弾かなければいかん
ということもないと思うのです。

どうしても、指番号の通りにうまく弾けないなら、
「自分の」指番号を編み出したらいかがでしょう。
それを楽譜に書いてみてください。
決めておけば、次からはその通り弾けます

でも、できれば本当は、書かれてある指番号の通りに弾いたほうが、
長い目でみれば、楽になるんですよね。
それが結局は、上達の近道だったりします。

かくいうわたしも、「別れの曲」のある部分、
指が伸びず、なかなかうまくいかない箇所が出てきたとき、
先生が、じゃあこう弾いたら、と
まったく違う指番号を書いてくれました。

かなり長いこと、その指で弾いて練習していたのですが、
実はそれがまた、弾きづらいのです
それで最近、もともとの指番号に戻してみました。

すごく弾きやすい
というわけではないのですが、
やっぱり、もとの指番号のほうが良いようです。

本当に指番号というヤツは、
ピアノ練習者にとって、
先生でもあり、また意地悪な敵でもあり
そうはいっても、やはりともだちなんですね。


画像は、里親募集を再開した、長毛三毛の芽里ちゃんです!

   2.jpg

   1.jpg

   5.jpg

   3_201506242324479f4.jpg







スポンサーサイト
シャープとフラットのたくさん付いてる楽譜。
お好きな方、おられるでしょうか?

わたし?
わたしは嫌いですよお

でも、ピアノを学んでいると、
避けて通れないですよね(笑)
いつでも全部ハ長調、
ってわけにもいかないし

調号のシャープ♯は必ず、
ファ・ド・ソ・レ・ラ・ミ、の順で、
そしてフラット♭は、
シ・ミ・ラ・レ・ソ・ドの順で付く、
と決まっているんですよね。

これがわかったからって、どうなのよ、
ということですが
つまり、♯3個だと、
必ずファ・ド・ソ、ということですね。

これは、イ長調か嬰へ短調。
この調の音階を、
ハノンなどで指に教えまくる
指と耳が覚えてしまえば、
楽になるかもしれません。

ま、ピアノの道は遠い
気長にがんばりましょう。



昔のわたしは、すごく力を入れてピアノを弾いていました。
昔、というのは、中学生くらいまでのことですが、
結構、早いパッセージなんかバラバラ弾けるのですが、
なんか自分で、妙な違和感といいますか、
弾けるんだけど不安定、疲れる、という感じを持ちながら、
でも、何がおかしいのか、いけないのかよくわからず、
4歳から習っていた、当時の個人の先生も特に何も仰らなかったので
そのままずっと、無理やり弾いていた感じです。

疲れるので、ある程度までしか練習できない。
でも結構弾けることは弾ける。
それで、不自然なまま弾いていました。

ところが、受験から高校までブランクがあって、
大学に入ってから、また別の個人の先生に習い始めたときに、
ひとつのことを言われました。

力が入りすぎてるよ

ええ?
そうなの?
そういうことだったの。。
でも、力が入ってると言われても、
どう直したらいいのかわからない。

「抜いて、抜いて」と言われて、
肘を何度もつかまれました。
そのたびに、ダラッと、力を一瞬抜くことを練習しました。

いま思えば、かつてのわたしは、いつのころからか
すごく力が入っていた。
入りすぎて、抜くのが下手で、
それで、弾き続けることができなくなっていた。
音のバランスも悪かったと思います。

ピアノの前に座って、全身をリラックスさせて
指を鍵盤に置き、
力を入れて、また、抜いて、
これを繰り返してみると、
力を抜くと、入れる、の違いがわかります。

力が入ったな、と思ったら、必ずリラックス状態を思い出し、
ダラッと力を抜いてみる。
強い部分や早いパッセージを弾いて、
いちいち力を抜くと、
少しずつ力を抜くコツがわかってきます。

強い音、というのも、実は、腕や手首でガーンと弾くことではなく、
指が、早く短く打鍵することなのですね。

ある程度練習すれば、肩や腕がある程度は疲れてきますが、
それとは違う、いちいちの力を抜くコツ、
マスターすれば、楽に気持ちよく弾けるようになると思います

                                              

   ☆励みになります(^o^)ランキングにポチッとお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ

プロフィール

ろーずまりー@なな猫

Author:ろーずまりー@なな猫
はじめまして。
ローズマリーキャット・
  ピアノ教室のHPです。
超初心者の大人の方対象。
指一本から、楽譜の読み方から、
優しくご指導いたします。
いつか、憧れのショパンや
モーツァルトを弾けるように、
ご一緒に楽しく練習しましょう。

当方、猫の保護活動もしており、
猫の好きな方、歓迎!
というより、猫が嫌いな方や
猫アレルギーの方は
申し訳ありませんが
お請けできません。
教室を始めてみると、
ひとなつこい猫たちが
思った以上にレッスン中の
生徒さんにアピールします(^_^;)
これを嬉しいと思える方でないと、
当方ではご無理だと思いますので
そこのところ、ご理解のほど
よろしくお願いいたします!

メールフォーム              ☆お問合せはこちらに

★お問い合わせをいただきます場合、
 当方からはyahoo.co.jpの
 アドレスで
 返信させていただきますので、
 ヤフーメールを受信可能に
 設定してください。
 当方から返信がない場合
 申し訳ありませんが
 再度こちらのコメント覧に
 ご連絡くださるよう
 よろしくお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

レッスン料・時間等について

レッスンはチケット制と
 月謝制の2種あります。

★男性の生徒さん受付は終了しました★
★音大受験指導は受け付けておりません★
◎チケット制
 (毎回お支払いただきます)

  60分レッスン
    1回 1,800円
  90分レッスン
    1回 2,500円
 
◎月謝制(月始め前払)

  60分レッスン
    月4回 7,000円
    月2回 3,500円
  90分レッスン
    月4回 9,000円
    月2回 5,000円

 ☆5週目はお休みになります。
 ☆振替レッスンは、
   その月中なら何回でも可。
 ☆募集曜日は、月~金の平日のみ
  お仕事のご都合などで、
  ときどきは土日レッスンも
  可能ですが、
  原則平日のみ希望の方で
  お願いいたします。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。