上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わたしはこの春からピアノ教室を再開した若輩者ですが(年はイッテるけど(^_^;))
再開にあたり、生徒さんたちの基本的な教則本として
なにを選ぼうか、相当あれこれリサーチしました。
そのときに、ネット上では結構、あることが叫ばれているように感じました。
それは、バイエル批判です

バイエルは古すぎる!
バイエルを習うとこどもがいやになってやめてしまう。
バイエルは楽しくなく、技術偏重である!

などなど。。
もちろん、どんな本でも、ある種の批判精神なしに
勉強することはよくないかもしれない。
でも、多くの「ピアニスト」「ピアノ弾き「ピアノ練習者」「ピアノ講師」が
バイエルで育ってきたことは棚に上げ、
単に声をそろえて、バイエルを非難するのはいかがなものか。。

そう感じながらも、自分に自信があるわけでもなく
それならと、恩師のアドバイスを参考にしながら、
わたしは、当方に来てくださる初心の生徒さんたちに
バイエル「新訂」と「最新」のどちらか、および「バーナム」で
レッスンを始めることにしました。

「新訂」と「最新」の違いは、
「新訂」がもともとのバイエルに近く、
最初は片手がしばらく続き、そのうち両手になりますが、
両手ともト音記号の譜がかなり続く、というのに対し、
「最新」のほうは、はじめから両手、そして
右手ト音記号・左手ヘ音記号の譜面が40何番まである、
という違いです。

これには、その方と体験レッスンでお話合いして、
どちらがご自分に合いそうか、ということで決めていただきます。
大人になってから始めるピアノですので、
それぞれの考え方、感じ方の違い、理解の速さ遅さも関係してきます。
ご自分に合った形で、無理なくゆっくりと進んでもらいたいのです。
そして、バイエルを補助する形で「バーナム」のテクニックも補充しています。

さて、そのバイエル批判に対して、
最近買った古書に、目からうろこの言葉がありました
天地真佐雄著『ピアノのおけいこ ここがポイント』ですが、
「『バイエル』は、初心者の心理を巧みにつかんで構成された
 他の追随を許さぬまたとない教則本である。
 つまり初心者にとっては、今も昔も変わらぬ最適のものだし、
 ピアノの世界での貴重な宝でもあるといえる。」

そうだよねえ
わたしもそう思うよ天地先生!!
というわけで、今後、この本からも少しずつ
なぜピアノが弾けなくなり、
バイエルでどのように学べばよいか、
我田引水でご紹介したいと思います。

ちなみに、先日当方までいらしていただいた、
銀座の山野楽器の担当者さんによると、
いまだにバイエルはお店でもよく売れているとのこと。
先生たちが結構使っておられるそうです。

 ☆猫ブログは下記をどうぞ☆


      寝てる猫HOMEなな猫ほーむ


関連記事
スポンサーサイト

no subject

バイエルは、本当に使い方次第なんですよね^^

つまらないと感じないように、うまくレッスンに取り入れていけるよう色々工夫するのが、教える側としてはまた楽しいですが、いくら工夫してもやる気が出なくて身につかない人もいるのが現実・・・

余談ですが、大江戸線だったかな、バイエルの練習曲が使われてる駅があってビックリした記憶があります^^

Re: no subject

コメントありがとうございます!
お返事いまごろですみません(>_<)

本当に、やる気、こればかりはご本人が出していただかないことには、
どうにもこうにも、こちらでは手が出ませんね。

大江戸線ですか?(笑)
今度気を付けてみます!

> バイエルは、本当に使い方次第なんですよね^^
>
> つまらないと感じないように、うまくレッスンに取り入れていけるよう色々工夫するのが、教える側としてはまた楽しいですが、いくら工夫してもやる気が出なくて身につかない人もいるのが現実・・・
>
> 余談ですが、大江戸線だったかな、バイエルの練習曲が使われてる駅があってビックリした記憶があります^^
  • 2016/01/14
  • URL
  • ろーずまりー@なな猫
  • [edit]

管理者にだけ表示を許可する
                                              

   ☆励みになります(^o^)ランキングにポチッとお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ

プロフィール

ろーずまりー@なな猫

Author:ろーずまりー@なな猫
はじめまして。
白金高輪ローズマリー・ピアノ教室の
            HPです。

超初心者の大人の方対象。
指一本から、楽譜の読み方から、
優しくご指導いたします。
いつか、憧れのショパンや
モーツァルトを弾けるように、
ご一緒に楽しく練習しましょう。

当方、猫の保護活動もしており、
猫の好きな方、歓迎!
というより、猫が嫌いな方や
猫アレルギーの方は
申し訳ありませんが
お請けできません(__)

教室を始めてみると、
ひとなつこい猫たちが
思った以上にレッスン中の
生徒さんにアピールします(^_^;)
これを嬉しいと思える方でないと、
当方ではご無理だと思いますので
そこのところ、ご理解のほど
よろしくお願いいたします!

メールフォーム              ☆お問合せはこちらに

★お問い合わせをいただきます場合、
 当方からはyahoo.co.jpの
 アドレスで
 返信させていただきますので、
 ヤフーメールを受信可能に
 設定してください。
 当方から返信がない場合
 申し訳ありませんが
 再度こちらのコメント覧に
 ご連絡くださるよう
 よろしくお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

レッスン料・時間等について

レッスンはチケット制と
 月謝制の2種あります。

★男性の生徒さん受付は終了しました★
★音大受験指導は受け付けておりません★
◎チケット制
 (毎回お支払いただきます)

  60分レッスン
    1回 1,800円
  90分レッスン
    1回 2,500円
 
◎月謝制(月始め前払)

  60分レッスン
    月4回 7,000円
    月2回 3,500円
  90分レッスン
    月4回 9,000円
    月2回 5,000円

 ☆5週目はお休みになります。
 ☆振替レッスンは、
   その月中なら何回でも可。
 ☆募集曜日は、月~金の平日のみ
  お仕事のご都合などで、
  ときどきは土日レッスンも
  可能ですが、
  原則平日のみ希望の方で
  お願いいたします。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。